今や常識となった紫外線対策

太陽光に含まれている、紫外線。
紫外線とひとくちに言っても、実はその中の光には、種類があります。

まず、UVA。これは肌の表面を赤くする力があります。真っ赤に焼けたり、水ぶくれのようになってしまうのは、このUVAのせいです。

UVAはとても強い光なので、奥まで浸透するして、コラーゲンを破壊したり、皮膚がんの原因にもなります。コラーゲンは肌に弾力を持たせ、ハリを作る働きがありますから、コラーゲンが破壊されると皮膚はたるんで、シワができやすくなります。

UVAは、たとえ室内であっても、ガラス窓を通してはいってきます。ケアするためには、UVAをカットする日焼け止めを塗ったり、UVAを防げるフィルターやカーテンを窓際に設置する必要があります。UVAをカットするためには「PA」の表示がある日焼け止めを使いましょう。PAは「+」で数値があらわされ、+が多ければ多いほど、UVAを防ぐ効果が高まります。

つぎに、UVB。UVBと呼ばれる光は、紫外線のうち5%ほどしか含まれていませんが、ニキビの大敵です!肌を刺激して、炎症を起こさせてしまうからです。細胞を損傷させることもあります。UVBを浴びることでメラニン色素が沈着してしまい、肌が浅黒くなったり、褐色になることもあります。

UVBを防ぐために必要なのは「SPF」が入っている日焼け止めです。「SPF20」「SPF50」のように、数値がついていますが、これは「日焼けの速度を○倍遅らせることができる」という意味です。
長時間外にいる場合は、SPF値の高いものを塗っておくと安心です。

若い時は肌の産まれ変わりが活発なので、日焼けをしてもすぐ新しい皮膚に産まれ変わり、さほど問題はありません。ですが、歳をとるとどんどん皮膚の産まれ変わりが遅くなり、日焼けをした部分がずっとそのままになります。若い時のダメージも、あとになって出てくることが多いですので、紫外線対策は欠かさずやっておきましょう。

トップページへ

スキンケアに関する基礎知識|様々な肌トラブルを回避しよう記事一覧

脱毛とニキビ、あまり関係ないと思っている方、実は結構関係あるんですよ。ニキビは毛穴に雑菌や皮脂がたまってできますよね。では、毛穴がなくなれば、ニキビもできなくなる、そう思いませんか?毛穴は毛が生えているところですから、毛をなくせば毛穴もきゅっと引き締まります。毛穴をなくすというのは実質不可能ですが、雑菌が入りこまない程度に小さくすることは可能なのです。あなたがもし、しょっちゅう毛を剃っているのであ...

親がニキビだからといって、子供も必ずニキビになるとは限りません。ただし、肌質は遺伝してしまうので、ニキビになりやすい肌になることはあるでしょう。ニキビになりやすい肌とは「オイリー」もしくは「乾燥しやすい」肌です。どちらも先天的に遺伝しやすいので、適切なケアを怠らないようにしましょう。肌の状態だけではなく、毛穴の状態も遺伝しやすいので「開いた毛穴」「大きい毛穴」が遺伝してしまうとニキビができやすいと...