繰り返すあごニキビ、病院へ行くべき?

「ニキビくらいで病院なんて」と思いがちですが、あごニキビはなかなか治らないものです。

あごニキビは大人になってからできる「大人ニキビ」と呼ばれるもので、ストレスや乾燥、ホルモンバランスの乱れが原因で、薬が必要な場合が多いからです。また大人になると新陳代謝の衰えるため、できたニキビがなかなか治らないというケースも多くあります。

放っておくと広がったり、ニキビ痕がクレーターのようになってしまうこともあります。

悪化してしまったり、痕が残ってしまった場合
自宅ケアは難しくなるので病院へ行くことをおすすめします。

早めに治療したほうが治りも早いですし、痕も残りにくいので、初期段階のうちに病院へ行きましょう。

皮膚科でも良いですし、ニキビ治療専門のクリニックもあります。エステサロンでもニキビケアはしていますが、エステサロンには医師がいませんし、薬の処方もしてもらえません。適切な治療を受けるためにも、病院へ行くようにしましょう。

抗生剤や塗り薬だけで改善する場合も多いのがあごニキビの特徴です。
治療の内容によっては保険も適応され、安くあごニキビを治すことも可能です。

トップページへ