顔ニキビの原因と治し方

おでこ、こめかみにできるニキビ

おでこやこめかみは、皮脂量が多いところです。

皮脂や汚れがきちんと落とせてなかったり、シャンプーや整髪剤がつくことでニキビが発生します。

前髪による刺激も受けやすい場所で、できたニキビが悪化することもあります。
おでこやこめかみにできるニキビのほとんどが思春期ニキビなので、皮脂量が落ち着けば、放っておいても治ります。

早く治したい場合は、シャンプーをしたあと洗顔するようにして、汚れはもちろんのことシャンプーも残らないようにしましょう。前髪を下ろしているひとは、寝る時や自宅では前髪をあげて、なるべく刺激を与えないようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れや、疲れ、ストレスも、おでこやこめかみのニキビの原因になります。
早寝早起きを心がけ、ストレスは都度発散していきましょう。

鼻、鼻下にできるニキビ

鼻は毛穴が大きく、皮脂量も多い部分です。
アクネ菌が集まって、住み着きやすい環境と言えます。

洗顔して皮脂や汚れを落としたあとは、肌のバリア機能を高めるためにしっかり保湿しておきましょう。
鼻下も皮脂線が多く、口の周りなので雑菌や汚れも付着しやすい部位です。
また鼻下は、ホルモンバランスの乱れによりニキビができやすい部位でもあります。

鼻と同じく、清潔に保ち、洗顔のあとは保湿しましょう。

鼻や鼻下のニキビが、繰り返す場合、あるいは赤く腫れあがってしまった場合は、自宅ケアを続けていると悪化したり痕が残ることもあります。

いちご鼻になってしまうこともありますので、治らないときは早めに皮膚科へ行きましょう。
鼻も鼻下のニキビも、マスクをつけたままにすると、マスクがこすれたり雑菌が付着して、悪化しがちです。
マスクをするときはこまめに新しいものに取り換える、家ではマスクをつけない等工夫しましょう。

あご、首にできるニキビ

アゴも皮脂線の多い部位です。
またアゴや首は乾燥しやすい部位でもあり、肌のバリア機能が低下しがちです。

アゴを触ったり、食べ物がつくことで不衛生になり、ニキビの原因であるアクネ菌が繁殖しやすくなります。顔の正面はきれいに洗うのに、あごから首にかけてはきちんと洗わないという方もいるのではないでしょうか。

顔と同じくあごから首にかけても洗顔料をつけて洗って、水気を拭き取ったあとは保湿をしましょう。あごや首は、大人になってからできるニキビが多く、新陳代謝が衰えていることからなかなか治らないという特徴があります。

代謝を早めて、ニキビを早く治すために、ビタミンAやビタミンB6、ビタミンCを意識して摂るようにしましょう。

身体にできるニキビ

背中、胸元にできるニキビ

身体にできるニキビの原因は、マラセチア菌と呼ばれるものです。
ストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れで背中や胸元にニキビができます。

 

軽度のニキビであれば、睡眠をしっかり摂り、ストレスを発散することで良くなります。背中や胸元も、保湿が大切で、お風呂上がりは保湿ジェルを塗るようにしましょう。

 

広範囲にわたってニキビができていたり、赤く炎症を起こして下着をつけるのもつらいという場合は、皮膚科で看てもらいましょう。ケミカルピーリングやホルモン治療、抗生剤等で治療します。

腕にできるニキビ

腕にぶつぶつができて、触ったらざらざらしているという方、それはもしかしたらニキビではなく毛孔性苔癬かも知れません。ニキビは腫れたり痛みをともないますが、毛孔性苔癬の場合痛み等の自覚症状はほとんどありません。

 

放っておいたら自然に治りますので「痛くない、でもニキビの初期みたいにぼつぼつしてる」という場合は、しばらく様子を見てください。毛孔性苔癬ではなく痛みがあり、腫れがある場合はニキビですので、ニキビができてる場所を清潔にし、保湿をしましょう。

 

治らない場合は病院で看てもらいましょう。

おしりにできるニキビ

おしりは角質が分厚い部分なので、アクネ菌が集まりやすく、一度できたニキビがなかなか治らない場所です。

 

ニキビができたらなるべく圧迫しないようにし、清潔にして保湿しましょう。
おしりやビキニゾーンにできる吹き出物で、ニキビと似ているのが粉瘤(ふんりゅう)と呼ばれるものです。

 

皮膚のなかに汚れや皮脂が溜まってぽこっとふくれあがる、良性の腫瘍です。初期は痛みはほとんどありませんが、悪化すると大きく腫れあがり痛みがでてきます。放っておくと破裂したり、細菌感染を起こすこともあるので、明らかにニキビとは違う吹き出物の場合は、皮膚科へ行きましょう。

 

粉瘤は抗生物質を飲むことで小さくなります。
皮膚科で切除もしてもらえます。

 

トップページへ