アクネ菌じゃない?

アクネ菌はだれの肌にでもいる菌です。

では、アクネ菌と同じく、だれの肌にでもいる「虫」がいることはご存知ですか?
毛包虫という虫で、「ニキビダニ」とも呼ばれる虫です。

「顔や肌に虫がいるなんて気持ち悪い」と思う方もいるかもしれませんが、0.1〜0.4ミリの小さい虫で、目で見える大きさではありませんし、皮脂線や毛穴にいるので普段は目にすることはまずありません。

ニキビダニがただ生息しているだけなら、とくに大きな問題はないのです。
ただ、ニキビダニがたくさん繁殖すると、かゆみや赤み、ぷつっとした発疹ができたりします。

これらの肌トラブルを「毛包虫ざ瘡」と呼びます。

ニキビダニが増えて毛包虫ざ瘡になる原因は、お風呂に入らず不衛生にしていたり、洗顔剤を使わず水だけで顔を洗っていたり、化粧をしっかり落とせていないということが原因です。また、まつげエクステも原因になりやすく、エクステ部分に皮脂汚れや化粧汚れがたまって、ニキビダニのえさとなり、ニキビダニが増えるのです。

ごしごし洗いすぎると肌にとって必要な皮脂や角質が落ちてしまいますが、洗わないでいるとニキビダニが増える一方なので、毎日お風呂に入って清潔にするよう心がけましょう。

トップページへ