原因は、色々!

赤くなったり、痛みがでたり

ニキビはしつこい

治ったと思えば痕が残ってしまったり、ニキビは厄介なものです。

ニキビの原因は「アクネ菌」というもので、だれの肌にもいる「常在菌」です。このため、だれでもニキビができる可能性はあるのです。

ではなぜ、ニキビができる人とできない人がいるのでしょう?
ニキビの原因を知ることで、ニキビを改善し、ニキビ予防をすることができます。ここではニキビができる原因をご説明しましょう。

皮脂過多で発生するニキビ

ニキビの原因は、大きくわけて2つあります。

まず皮脂が過剰に分泌されて発生するニキビ。

ホルモンバランスが乱れやすい二次性徴期、つまり思春期にできやすいことから、思春期ニキビとも呼ばれています。皮膚にとって皮脂は必要なものなのですが、多すぎると肌に膜を作ったような状態になり、この膜のなかに汚れやアクネ菌が溜まり、ニキビができやすい環境となってしまうのです。

皮脂が多くてできるニキビは、皮脂の量が落ち着いてくると自然と治る傾向にあります。
皮脂過多によるニキビはTゾーンや鼻といった顔の皮脂量が多いところにできやすいという特徴があります。

乾燥が原因で発生するニキビ

もうひとつ、乾燥やストレスによって起こるニキビもあります。

これは思春期ニキビが落ち着いたあと、成人してからできやすい傾向にあるので「大人ニキビ」とも呼ばれています。仕事のストレスや偏った食生活、保湿不足、メイク汚れをそのままにする等が発生の原因です。乾燥やストレスが原因のニキビは、アゴや首、フェイスライン、口元にできやすい傾向にあります。

その他、病気等が原因のニキビ

寝具や衣類の汚れや、洗剤や柔軟剤が合わないという理由から
ニキビができる場合もあります。

この場合、背中だけにできたり、寝具が触れる片側の頬にだけニキビができたりします。
衣類や寝具を清潔にするだけで改善されることもあります。

内臓疾患が原因で、ニキビができて治らない可能性もあります。

とくに女性の場合、卵巣や子宮の病気が原因でホルモンバランスが乱れ、ニキビに繋がっているケースもありますから、自宅でケアしても改善しない場合は病院での治療も検討しましょう。

トップページへ